被害に遭う前に鳩ネットを取り付けよう|鳩の巣を作らせない方法

専門家に相談

ねずみ

生態を知って対処

ねずみの被害が発生した場合、その被害状況から、どういった種類のねずみが侵入したかを特定していく必要があります。それは、ねずみの生態ごとに、行うべき対処方法が違っているからであり、これが間違っているとねずみ駆除をすることが困難になります。そこで、残された糞の形や、ラットサインといわれる、ねずみの侵入ルートや通った跡からネズミの種類を特定していくわけです。ねずみ駆除業者は、こういったネズミに関する情報を十分に把握していることから、被害現場の調査段階から、鋭い目で診断をしていきます。こうした対処は、普通に生活している人には、かなり難しいことであるため、ねずみ駆除に関しては、専門家に任せるのが賢明といえます。

自分でもできる予防

ねずみは太古の昔から地球上に生き続けている生物であり、ゴキブリなどとともに、環境に適応する能力に長けています。こうしたねずみのような生き物の被害にあわないためには、ねずみにとって居心地の良い環境を提供しないようにすることが一番です。生き物にとって大切なものは、食べ物、隠れる場所があることが前提になるため、これらを排除していくことが、重要な対策になってきます。そのため、内部に住みついてしまったねずみ駆除を行う場合には、薬剤を使う前に、この2点を徹底的に排除していくことです。特に、隠れる場所の排除としては、冷蔵庫や収納庫の裏など、壁沿いの狭い場所などは、広めにして落ち着かない環境をつくっておくことです。