被害に遭う前に鳩ネットを取り付けよう|鳩の巣を作らせない方法

蜂を撃退する

飛んでいる蜂を1匹や2匹駆除してみたところで、あまり意味はありません。蜂に刺されたくないと考えているのなら、蜂の巣ごと蜂を退治する必要があります。ただし、蜂の巣の撤去はとても危険な作業ですので、専門の駆除業者に依頼するのが一番です。

ベランダに侵入する鳩対策

鳩

鳩による被害

鳩は人間社会の近くで棲息している身近な鳥です。このため鳩は人間をそれほど恐れることがなく、人間が生活している場所にも平気で侵入してきます。鳩を含めて鳥が家の周りにいることで発生する被害としては糞害があります。鳥はその性質上、あちこちで糞をします。餌を求めて飛び回っている単独または小グループの鳥の場合には糞害もそれほど酷くありませんが、鳩の場合には大集団となってたむろしますし、また定期的な休憩場所や営巣した場合には糞が山のように溜まることになります。これらの糞は悪臭を発生させ美観も損ねるほか、病原菌やアレルギー物質、寄生虫の媒介となりますし、また金属を糞の酸性によって腐食させるといった害を与えます。鳩の被害を受けないようにするためには鳩が集まらないようにする必要があります。例えば住宅などのベランダなどに侵入してくる場合には鳩ネットを使って侵入させないようにする方法があります。

ネットで侵入させない

鳩を寄せ付けない方法はいくつかありますが、ベランダなどオープンスペースの場合には鳩ネットを使って物理的に侵入できないようにするのがもっとも確実な方法です。鳩ネットを使う理由としては、通常のネットを使うとメッシュが細かすぎるため火災時などに脱出が困難になる可能性がありますし、またメッシュが細かい場合には風の抵抗を受けやすくまた目立つといったデメリットがあり不適切ですが、鳩ネットであればこれらの問題を受けずに設置することができます。一方で鳩ネットを設置するさいには設置方法が重要になります。鳩は少しの隙間があれば侵入してくるため、専門業者に鳩ネットを設置してもらう方が確実に鳩の侵入を防ぐことができます。

シロアリを駆除する業者

シロアリを放置しておくと、シロアリの被害が次々と広がり深刻な事態を招いてしまいます。シロアリ駆除の専門業者では、無料の電話相談や事前調査を行って、最適な駆除方法や具体的な見積り料金を提示してくれます。

専門家に相談

昔から長く生き続けている生命力の高いねずみ駆除を行うためには、さまざまな知識を持った専門家に依頼することが無難です。専門家は、現場に残されたねずみの痕跡を基に、種類特定を行い、根本対策を打つことができます。